私たちのビジョン

当社の成り立ち

ベルキンビジョン社のファウンダーであるBelkin教授がチャンスを見出したのは、レーザー放射と体組織との相互作用に関する論文を、緑内障の専門家であるMordechai Goldenfeld博士と共著で著し、この問題について博士と考察した後でした。

時間がかからず簡単に使える緑内障レーザー療法があったとしたならどうだろう?簡単に開発でき、世界中でいつでもどこでもあらゆる眼科医療提供者が必要とする場合に使用でき、すべての緑内障患者が第一の緑内障ケアとして利用できるための解決策となります。

現在のところ、緑内障の第一選択治療はまだ薬が主流で、緑内障レーザー療法が2番目の選択肢になる傾向にあります。しかしながら緑内障の投薬管理では、緑内障患者の眼圧(IOP)のコントロールに失敗することが多く、これは大体において、患者のノンコンプライアンスが主な原因です。

眼科医は、アドヒアランスの問題を回避するために、他の治療法を模索してきました。長年にわたる多くの試験によると、レーザーは、眼圧を下げるうえで、少なくとも点眼薬と同じくらいの効果があるとされています。2019年3月、ランセット誌(The Lancet)に、そのデザインと実施において非の打ちどころのないLiGHT試験の結果が掲載され、これによると現在のゴールドスタンダードである緑内障レーザー(SLT)は、点眼薬と比較して、より頑健な眼圧低下効果をもたらし、またより費用対効果の高い第一選択治療であることが、明確に証明されました。

一方で、すべての眼科医が目薬を処方するのと同じくらいの手軽さで緑内障患者を治療できる、実用的で簡単にアクセスできる緑内障レーザー治療の必要性があります。

私たちの技術の核となる革新的な技術は、経強膜アプローチです。レーザービームは、眼の外側である角膜縁を通って、眼のターゲット領域である線維柱帯網に照射されます。このアプローチは、1秒間で完了する自動化された治療を可能とします。このアイデアのシンプルさによって、このレーザー療法はすべての眼科医療提供者が実行でき、世界中のすべての患者が利用できる第一の緑内障治療法となります。

ベルキンビジョンのアイデアが生まれ、Belkin教授はイスラエルのRad Biomed Acceleratorに相談したところ、Rad Biomed Acceleratorはこの革新的なアイデアを気に入って、ベルキンの現在のCEOであるDariaを紹介してくれました。なんとBelkin教授は、Dariaが赤ん坊のころから彼女のことを知っていたことが判明しました。というのは彼女の今はなき父親であるMichael Blumenthal教授は、Belkin教授の長年にわたるメンターだったからです。その後はもう言うまでもありません。当社は2013年にDaria Lemann-BlumenthalをCEOとして設立されました。2021年には会社の将来を反映するため、ベルキンレーザーからベルキンヴィジョンに改名されました。

当サイトのCookieについて

当サイトでは利用性向上や閲覧の追跡のためにCookieが使用されています。このウェブサイトは米国を拠点としており、サイトの閲覧を続けた場合または当社のサービスを使用した場合、当社のプライバシーポリシーに従ってCookieの使用に同意したことになります。

Skip to content