テクノロジー

ベルキンビジョンは、緑内障の一次治療のために、数秒間で実施できる簡単な治療法を用いた、利用しやすいレーザー処置を開発しています。

緑内障とは?
緑内障は、目の視神経を損傷する病気です。 これは通常、目の前部に水分がたまると起こります。この余分な水分が目の圧力を高め、視神経を損傷します。緑内障と高眼圧症(OHT)の唯一の治療法は、眼圧(IOP)の低下です。

ボタンを1回押すだけの最先端の緑内障治療

ベルキンビジョンのDSLT(Direct SLT)は、ボタンを1回押すだけで数ナノ秒のパルス持続時間を持つ単一のレーザービームを、約1秒間に120回照射することができ、この間、眼との接触はありません。このレーザービームは、眼球の排水部である線維柱帯網(TM)が後方にある角膜縁に照射され、眼球内の体液の排出を促進し、緑内障の主なリスク因子である眼圧を低下させます。

ベルキンビジョンの差別化されたテクノロジー

  • 高機能の画像取得とアイトラッキングアルゴリズムを搭載します。
  • リアルタイム補正により眼球運動を検出し、迅速な治療が可能です。

緑内障治療のニューフロンティアへようこそ

自動化された

高機能の
テクノロジー

迅速的

数秒で治療

直感的

特別な専門技術は不必要

患者にやさしい

非侵襲的で
痛みを伴わない

ACGソリューション

唯一のソリューションとして

ベルキンビジョンのテクノロジーは、シンプルで直感的、ユーザーフレンドリーで患者にやさしいテクノロジーです。このベルキンビジョンのテクノロジーは、緑内障の初期治療として、点眼薬を使用する前でも、あるいは点眼薬と併用して、あらゆるクリニックや病院で利用できます。

治療成績の向上

  • 点眼薬治療でのコンプライアンスの低さという問題を解決します。
  • 治療のコントロールを医師の側に移します。
  • 侵襲的治療の必要性を低減します。

ベルキンビジョンによる処置

  • 必要に応じて、毎年繰り返して行うことができます。
  • 眼科医だけでなく、あらゆる眼科医療提供者により実施可能です。
  • 閉塞隅角緑内障と開放隅角緑内障の両方に対応します。
  • 点眼薬の代替として、または点眼薬と併用することで、患者のアドヒアランスへの依存を低下させます。

閉塞隅角緑内障のための唯一のソリューション

ベルキンの革新的なテクノロジーは、以下を対象とするソリューションを提供します。

  • 開放隅角緑内障(OAG)(緑内障症例全体の70%)
  • 閉塞隅角緑内障(ACG)(~30%) – 東アジアの人々、特に中国でよく見られます。

ベルキンビジョン装置は、ACGを簡単かつ手軽に治療できるようにする可能性を秘めています。レーザービームは眼の外側部分を通して照射されるため、狭い隅角を可視化するという課題を克服します。

ベルキンビジョン装置は、ACG患者のための唯一のソリューションを提供します。

緑内障の第一選択治療の選択肢

知的財産

当サイトのCookieについて

当サイトでは利用性向上や閲覧の追跡のためにCookieが使用されています。このウェブサイトは米国を拠点としており、サイトの閲覧を続けた場合または当社のサービスを使用した場合、当社のプライバシーポリシーに従ってCookieの使用に同意したことになります。

Skip to content